北海道南部 渡島大島と渡島小島を眺めて

 この二つの無人島のお話は以前少し語りましたが、イマイチ上手い写真を撮る事が出来なかったので、今回は少しマシな写真を載せた記事を書く事にしました。 


 北海道最南端のマチ松前町。 その沖合にある無人島の夕暮れ時写真です。 




 松前町の白神岬付近から見た二島。 左が小島、右が大島です。 ここからの距離は小島約20km、大島約60km。 実際は読んで字の如く大島の方が大きいのですが、距離の関係で小島が大きく見えますね。 
IMGP0429.JPG





 渡島小島のアップ。 無人島ですが、休憩所や宿泊所があるらしいです。 勿論それは観光客向けではなくて漁師の方など船舶関係者向けの物なので、私たち一般人が使用する事は出来ませんし、勝手に入ってもいけません。 
 もちろん北朝鮮の盗人連中は断固お断り!!! レイシスト発言はキライですが、あの事件は本当に頭にきました!!!  朝鮮民族が全てあんなのではないですけど、あの事件で益々北朝鮮がキライになりました。
IMGP0430.JPG







 渡島大島アップ。 オオミズナギドリの繁殖地として有名な無人島。 ここは日本で一番面積の大きな無人島でもあります。 

 ここも一般人は基本的に行く事は出来ませんが、船舶関係者が駐留するための施設があるとの事です。 マップで見るとヘリポートもあるらしいですね。 ここは火山。 温泉は湧くのでしょうか???
IMGP0431.JPG







 松前に行ってその帰り、更に30分くらいして日が落ちた頃にもう一度見てみました。

IMGP0432_1.JPG








 松前市街地と一緒に夕闇に映える大島。
IMGP0434_1.JPG







 近くて遠い、夕暮れ時の水平線に映る小島。 
IMGP0435_1.JPG






 あの島には何があるのだろうか?? ネットで調べた分かるけど実際見てみたいですね。 

IMGP0436.JPG

 本土からそれほど距離が離れていないのですが定住者がいないこの二島。 どちらも自然の宝庫として有名な島です。 この日常から離れた近くて遠い二つの島へ行く方法とはどういうものか。  行くのが難しい場所ほど行きたくなってしまう旅人の性ですが、もし行く機会があったら一歩一歩丁寧に貴重な無人島に足を踏み入れているという意識を持って探索したいと思います。 石や植物、動物、そして施設の備品を持ち帰る行為は絶対NG!!  何も持って行かずに写真と思い出だけを持って立ち去れたら良いなと行ってもいない二島に思いを馳せている私でした。


7回目+1回目の東北被災地旅(特別編) 南三陸町 ~現在~

 本来ならこの南三陸町のお話は、特別編ではなくて本編として扱う記事だったのですが不覚にも記事を書くタイミングを間違えてしまったため、ここで無理に本編に挿入するよりもここでは特別編扱いで本年最初の記事として投稿することにしました。

 過去七回の東北旅で訪れる度に道路状況だけでなく地形や風景そのものが変化し続けた南三陸町。 個人的には東北被災地の中で最も見た目の変化が大きかったマチだったと思っています。前年度訪問したときの感覚が次の年には全く通用せずいつも初めて訪問するような感覚に陥った南三陸町です。 このような感覚はこの南三陸が唯一です。 敢えて特別編にしたのは、そのような新鮮な感覚に加え、ここは数少ない巨大防潮堤と風景の調和が取れるように工夫されているマチで復興の希望が最も感じられるマチだったからなのです。





 南三陸さんさん商店街。 今ではすっかり有名な観光スポットですね。 商店街の町並みもとても綺麗で、お土産屋さん、飲食店、コンビニ等何でもアリの素晴らしい商店街です。一度行ったらまた行きたくなるスポット。 特に夕暮れ時の光景は絶景と言っても過言ではありません。
IMGP0209.JPG
 南三陸さんさん商店街の詳しい散策レポートは、過去記事を見て下さい 2018年レポート  2019年レポート







 さんさん商店街付近には新しく造られたメモリアル公園があって、そこへはこの不思議な形の橋を通って川の向こう側に行く事になります。 中央を通っても両端を通っても渡れる不思議な形の橋です。 何故このような形状にしたのでしょうかね??? 
IMGP0211.JPG








 橋からは巨大な河川防潮堤が見えます。  今まで行ったマチならこれ見るだけでゲンナリしてしまうのですが、このマチでは目に毒なはずの防潮堤もそれほど気になりません。 南三陸町は実は海が見えるように町全体を嵩上げしているため、防潮堤もあまり目立たなくなっているのです。 
IMGP0212.JPG





 橋の向こう側のメモリアル公園に行ってみましょう。 この公園かなりの広さなので、歩くだけでも結構良い運動になります。 ここ数日体が鈍っていた私にとっては良い時間でした。 
IMGP0213.JPG





 園内には被災した防災庁舎。 今回久しぶり近くに行く事が出来ました。 あの防災庁舎の位置が元の南三陸町の高さなんですよね。 相当の高さの嵩上げ工事をしたことが分かります。
IMGP0214.JPG





 もう多くの人が知っている事ですが、この防災庁舎は、一人の女性職員が最後まで放送で避難を呼びかけ続けそのまま津波に巻き込まれて命を落としてしまった悲劇の現場です。  最期の瞬間、遠藤美希さんは何を思ったのでしょうか??  毎回語ることですが、いつもその事を考えてしまいます。

IMGP0216.JPG






 一部塗装し直してあるもののあの時のままの姿の防災庁舎です。 あの震災からもう10年経つんだな・・・。

IMGP0215.JPG







 2013年から東北の地に足を運んでいた私は何度もこういう建物を見ましたが、何度見ても驚愕してしまいます。 
IMGP0217.JPG





 防災庁舎の向こう側には南三陸さんさん商店街。 長い事足を運ぶことが出来なかった防災庁舎に再び行けて良かった!!
IMGP0219.JPG





 この丘の上にも登ってみましょう。 ここは災害時の避難場所も兼ねているのでしょう。 
IMGP0218.JPG








 丘の上はかなりのスペースがあって、日曜日という事もあってこの日は多くの観光客が訪れていました。 ただ中国人は少なくなった。 コロナの影響をここでも感じてしまう。
IMGP0220.JPG






 新しい町並みを高台から眺めて・・・。
IMGP0221.JPG






 海沿い。 防潮堤が目立たないのは良い事です。 防潮堤も本来の役割を果たしている南三陸町。 右側には被災した会館もありました。 あの会館も震災遺構として残しているとのことです。
IMGP0222.JPG




 震災遺構を適度に残して、あの震災を後世に伝え、防潮堤と町全体の嵩上げによって津波をはじめとする災害からマチを守りバリアフリーの避難経路で住民の命を守り、景観をはじめとする環境を守り、更には素敵な商店街もあって・・・私見ですが南三陸町は最も復興に成功したマチの一つと言っても良いでしょう。 勿論良いことばかりだけではなくて実は裏ではダークな現実もあったのでしょうが、私にとってはこのマチは東北被災地の中では数少ない明るい気持ちで楽しめるマチです。


 東北被災地については長年に渡って色々書いていますが、一番言いたい事は「復興の要は地元住民。 地元住民を無視したヨソ者のマネーゲームという名のエセ復興などあってはならない」と言う事なのです。 基本今回は巨大防潮堤の話は避けましたが、もう一度言わせて頂くと、政府や自治体、大型企業の利権を守るだけの防潮堤は要らない!!  必要なのは住民の命と生活を守る防潮堤!!



 コロナ渦で世界全体が暗くなっている世の中ですが、この南三陸のように世界が再び新たな歩みを踏み出す事が出来ますように。 


 今年もヨロシクお願いします!!  



お知らせ  ハマナスクラブ記事更新!!

 小ネタですが、ハマナスクラブの記事を見て下さった方から頂いた情報を元に久しぶりに更新しました。


 興味がある方は暇つぶしに読んでみて下さいね!!




 ちなみに今回行った場所はここ、ニセコ町にあるニセコヒルトンビレッジです。
DSC_0587.JPG





 この和風の商店街の中にハマナスクラブがあるのです。
DSC_0586.JPG




 ハマナスクラブの記事はこちらから → CLICK

posted by ジャック at 20:59北海道 ☔Comment(0)雑学